• 中日
  • 5 - 5 試合終了
  • ヤクルト

2020年7月8日(水) vs 中日

JERA セ・リーグ公式戦 18:00 ナゴヤドーム

 
ヤクルトヤクルト
中日中日
1
0
3
2
3
0
3
0
2
4
2
0
5
0
0
6
0
0
7
0
0
8
0
0
9
0
0
10
0
0
R
5
5
H
8
10
E
0
1
  • 第5回戦 2勝2敗1分
  • 観衆数 -
戦評

序盤に激しい点の取り合いも、決着つかず引き分けに…

8日(水)、ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦。先発のイノーア投手は初回、阿部選手、福田選手の連打などで二死二、三塁のピンチを招くと、高橋選手に2点タイムリー、A.マルティネス選手にライトへタイムリー二塁打を浴び、3点を失います。

反撃したい打線は2回、村上選手、西浦選手の連打、山崎選手の四球で無死満塁とすると、エスコバー選手がセンターへタイムリーを放ち1点を返します。なおも無死満塁で嶋選手が押し出し四球を選び2点目を奪うと、続くイノーア投手がセンターへ犠牲フライを放ち、3対3の同点に追いつきます。

しかし3回、イノーア投手はビシエド選手に安打、高橋選手に二塁打を浴び、無死二、三塁のピンチを招くと、A.マルティネス選手の内野ゴロの間にランナーが還り、勝ち越しを許します。なおも一死二塁で、京田選手にタイムリーを浴び、5点目を奪われてしまいます。

再び追いかける展開となった打線は直後の4回、エスコバー選手の安打、嶋選手の四球などで二死二、三塁のチャンスを作ると、山田選手が2点タイムリーを放ち、5対5の同点に追いつきます。

同点で迎えたその裏、2番手・中澤投手が2つの三振を含む三者凡退に封じると、続投した5回も三者凡退に抑える好リリーフを見せます。

6回は3番手・長谷川投手が登板し、A.マルティネス選手をショートゴロ、京田選手をファーストゴロ、代打・石垣選手をショートゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

7回は4番手・梅野投手がマウンドに上がりしっかりと三者凡退に封じると、8回は5番手・清水投手が走者を出しながらも無失点で切り抜けます。

5対5で迎えた9回、打線は村上選手が四球を選ぶと、代走・渡邉選手が盗塁を成功させ、二死二塁のチャンスを作ります。しかし、後続が倒れ、勝ち越しのチャンスを逃してしまいます。

その裏、6番手・寺島投手は先頭のA.マルティネス選手に安打を浴びると、続く京田選手の犠打などで二死一、三塁のピンチを招きます。しかし、後続の大島選手をショートゴロに打ち取りピンチを切り抜けます。試合は5対5のまま延長戦へ突入します。

打線は10回、三者凡退に倒れると、その裏に登板した7番手・石山投手は二死から走者を出しますが、後続を抑えて試合終了。継投陣が踏ん張り、5対5の引き分けで終了しています。

責任投手/本塁打
勝利投手
セーブ投手
敗戦投手
本塁打 中日
ヤクルト
バッテリー
  中日 山本 拓実、橋本 侑樹、ゴンサレス、福 敬登、祖父江 大輔、岡田 俊哉、R.マルティネス - A.マルティネス、木下 拓哉
ヤクルト イノーア、中澤 雅人、長谷川 宙輝、梅野 雄吾、清水 昇、寺島 成輝、石山 泰稚 - 嶋 基宏、西田 明央

後日、公式記録に修正される場合があります